<   2011年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧
解体工事②(自)  2011.4.30
e0223769_12432.jpg

今日は昨日の続きで、残ったコンクリート部分を解体し更地にします。
今日も怪我のないよう慎重に作業を進めます。

e0223769_1242439.jpg

削岩機などを使って壊してゆきます。今日も暖かいので汗だくです。

e0223769_1255024.jpg

全て解体作業を終え、基礎を打つ段取りもしてしまいます。
これで連休明けにでもすぐに基礎工事に入れます。最後に墓所のまわりや隣の墓所の清掃をして、今日の作業は終了です。お疲れ様でした。また、頑張りましょう!

e0223769_1261449.jpg

崩れた塀も改修工事が終わり次第、修復に入ります。
by makotosekizai | 2011-04-30 01:37
解体工事①(自)  2011.4.29 
e0223769_0551145.jpg

先日、閉眼供養を行いましたお客様の改修工事が今日から本格的に始まります。
まず、石碑・外柵等、再び使用する物を慎重に取り外してゆきます。石材は欠けやすいので、とても神経を使います。加えて現場が不安定な場所ですので、怪我のない様気をつけて行っています。

e0223769_055384.jpg

石碑の取り外しです。1尺角の和型の石碑でしたので、大きいですし重たいです。

e0223769_0564034.jpg

コンクリートの基礎とカロート以外無事取り外し終わりました。
明日は残った部分の取り壊しです。ですが、もう一件同じ墓地内で取り外しの工事がありましたのでそちらに移動です。

e0223769_18790.jpg

墓地は高台にあるので、とても眺めがいいです。ちょっと休憩・・・。

e0223769_182844.jpg

こちらのお客様からはリフォーム工事のご依頼を頂きました。ありがとうございます。
石碑(左側)の磨き直しをメインにクリーニング等の内容です。磨き直しにかける石碑はお客様の先代がこだわって建てられたものらしく、今一度磨き直して輝きを取り戻したいというご要望でした。石の種類は、宮城県産出の伊達冠石(通称:泥かぶり)という石で、経年とともに茶色いまるでチョコレートの様な色になる石です。僕の大好きな石の一つです。

e0223769_192146.jpg

この場所はカートクレーンなどの機械が入らない場所でしたので、全て人力で取り外しました。お客様の喜ぶ顔が早く見たいです。さあ、明日も頑張ります!
by makotosekizai | 2011-04-29 01:19
寸法取り(自)  2011.4.28
e0223769_0463411.jpg

先日、ご納骨のお手伝いをさせていただいたお客様から、お墓のリフォームのご依頼を頂き、今日は現地にて寸法取りです。こうやって、お声掛けしていただける事、本当に有難いです。ありがとうございます。

e0223769_0452029.jpg

今回のご依頼は、拝石を地上に出すため、カロート(納骨してある場所)の口元に敷石・縁石を追加し嵩上げをメインに、新規の墓誌等のご注文を頂きました。完成まで暫らくお待ちください。
精一杯頑張ります。今後ともよろしくお願い致します。
by makotosekizai | 2011-04-28 00:52
誠石材  2011.4.27
e0223769_15395714.jpg

今日の現場は都内の寺院にて新規の建墓工事でした。
弊社にとって重要な仕事。「施工」ですが、自社でご用命いただきました墓所の施工はもちろん、それ以外にも某大手石材店さんの施工も数多く請け負っております。今日はその請負での仕事です。

e0223769_1541285.jpg

弊社は元々、請負専門の会社としてスタートいたしました。いわゆる職人さんです。親方(社長)は現場一筋30年。毎日毎日、お客様の為お墓を作り続けてまいりました。その姿勢は今でも変わらず、日々精進いたしております。

e0223769_15454968.jpg

墓石専用弾性接着剤を使用して目地を行います。耐震工法特許済(第1986246号)の耐震弾性接着剤で高強度の接着能力とともに弾性(やわらかさ)も兼ね備えているため、地震の揺れを逃がす免震効果にも優れています。
by makotosekizai | 2011-04-27 16:07
閉眼供養(自)  2011.4.24
e0223769_1828754.jpg

昨日のお天気が嘘の様な快晴。本当に良いお天気です。
先日もブログに書かせていただきましたが、お墓が後ろに沈んでしまい不安に思われご相談いただきましたお客様の改修工事が決まり、本日はお墓を一度撤去しなくてはならない為、墓石から魂を抜く法要「閉眼供養」を執り行います。そのお手伝いに来ました。今回の工事内容はお客様とも色々と話し合いを繰り返した結果、一度更地に戻し地盤改良を行い、更により強固な基礎を打ち直す事になりました。

e0223769_18282892.jpg

ご家族の皆様とご一緒に、ご導師様のもと、無事滞りなく執り行う事が出来ました。お客様からも「これで安心できます。よろしくお願いします」と有難いお言葉を頂きました。お任せください!今後、5月中旬の完成を予定しています。また、工事の詳細はご報告できたらと思っています。
by makotosekizai | 2011-04-25 18:46
御納骨式(自)  2011.4.23
e0223769_2116088.jpg

本日は御納骨式のお手伝いをさせていただきました。
ご納骨の立ち会いは弊社にとっても僕にとっても、とても大切な有難いお仕事です。
今日はあいにくの天気で、時より物凄い雨風に曝され、準備するのもひと苦労です。ですが無事滞りなく取り行える事だけを強く願い、準備に励みました。今日の雨では通常のパラソルでは雨をしのげないので、大きめの物で墓所全体を覆うことにしました。

e0223769_21203299.jpg

祈りが通じたのか、皆様が御到着された時には雨がパタリと止み、無事御納骨を終える事が出来ました。これも故人様の御人徳の賜物なのかもしれませんね。たくさんの御家族・御親族の皆様に見送られ、安らかな眠りにつかれた事と思っております。故人様の御冥福を心よりお祈り申し上げます。


明日は閉眼供養(魂抜き)のお手伝いに行って参ります。
by makotosekizai | 2011-04-23 21:45
お墓物語  2011.4.22
e0223769_2133619.jpg

先日、弊社が加盟しています(社)日本石材産業協会(石産協)から、「お墓物語」という小冊子が送られてきました。このお墓物語は、石産協内の研修委員会がお墓にまつわる感動のエピソードを全国に一般公募し、その中から厳選された33作品をまとめた小冊子です。
しかも、嬉しい事に若い方(20、30代)のエピソードも多く、どのお話も感動的で素敵な内容のものばかりでした。お墓の素晴らしさ、お墓を通じた縁などを改めて感じさせてもらえた一冊になってします。

皆様にも是非読んでいただきたいと思っています。
ご興味のある方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。無料にて差し上げます。
by makotosekizai | 2011-04-22 21:02
遊具のメンテナンス  2011.4.20
e0223769_17205426.jpg

今日は石工事ではなく、松戸市内にある「六実第二小学校」にある遊具のメンテナンス工事に来ました。弊社と日頃から公私共にお付き合いのある『ミウラスポーツ』さんからの協力要請があり、そのお手伝いです。ミウラスポーツさんは松戸で有名なスポーツ用品店で、学校の制服や体操服をはじめスポーツ団体のユニフォームなど多種扱っている会社です。数年前から工事部を立ち上げられ、学校の遊具の補修やメンテナンス業務を行っています。弊社はその分野でお手伝いさせていただいております。

e0223769_1722421.jpg

この遊具のてっぺんの丸太が雨風で傷み腐ってしまって非常に危険な為、新しい丸太に交換としなくてはならず、早速工事に取り掛かりました。遊具は安全第一!鉄則です!!
途中、休み時間に子供たちに囲まれ「何してるの?」「いつ直るの?」と質問攻め(笑)
そして、「また遊べるようにしてくれて、ありがとう」と・・・嬉しい言葉です。この子達の為に、しっかりと施工し、間違いなく安全な遊具に修理し直さなくてはと改めて気を引き締め直しました。

e0223769_17222356.jpg

新しい丸太をクレーンで吊り上げ、慎重に設置します。更に微調整を繰り返し・・・設置完了です!新しい丸太をしっかりと頑丈に固定をしてゆきします。作業員も危険な作業ですので、最後まで気を抜けません。

e0223769_174112100.jpg

そして、反対側に捲り上げていたチェーンを戻し、こちらもしっかりと固定します。固定し忘れがないか念入りにチェックします。この最後のチェックを怠ると思わぬ事故に繋がりかねません。これはお墓の工事でも同じです。

e0223769_17225961.jpg

すべてチェックが終わったところで、真打登場(笑)。ミウラスポーツの3代目です。最後にキレイにペンキを塗って完成です。子供たちの笑顔の為に、完璧に仕上げてくださいね!
最後までお手伝いをして完成を見届けたかったのですが、お客様からお電話を頂き、急遽お打ち合わせに向かわなくてはならなくなってしまいましたので、仕上げは三浦君に託して、小学校を後にしました。

ミウラスポーツさん、いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。
by makotosekizai | 2011-04-20 17:55
庵治ストーンフェア2011  2011.4.19
e0223769_2031073.jpg

毎年開催されている『あじストーンフェア』
今年も6月11日(土)~12日(日)の2日間 香川県高松市にありますサンメッセ香川にて開催されます。今年のテーマは『-礎- 石を捉える、心を捉える。石の響き、庵治の心。』です。ストーンフェアは業者向けの展示会なのですが、一般の方も入場できます。庵治石はもちろん、大島石、青木石などの高級墓石や、仏像、燈籠、彫刻品など、産地ならではの加工技術と多彩なアイデアを活かした国産製品が多数展示される催しです。香川県という少し遠い場所ですが、もし興味のある方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか。
by makotosekizai | 2011-04-19 20:31
現地調査(自)  2011.4.15
e0223769_211438.jpg

本日、地元のお客様から弊社にお電話があり、先日の大震災でお墓が後ろに沈んでしまった様だという事で、早速現地の視察に来ました。現場についてみると、墓地の塀は崩れ落ち、かなりヤバいかな・・・という状態。ちなみの一番右端の墓所です。

e0223769_21291.jpg

墓所に向かい、水平機でレベルを確認すると案の定、後ろに下がってしまっていました。(右が前方、左が後方で球がある方が高いという事です)というより墓所の前の参道とコンクリート基礎がズレてしまっていたことから、恐らく崖になっている塀のある傾斜部分が崩れた事でに一緒に引っ張られる形で沈んでしまったのではないかと推測しました。

e0223769_2122925.jpg

裏側にまわって基礎部分を覗いてみると、やはり基礎が宙に浮いている状態で、危険な状態でしたので、早めの対応が望ましいと御報告させていただきました。この墓所は弊社の施工ではなかったので、詳しく話を聞いてみると、請け負われた石材店はすでに廃業されているようで、電話も通じなかったとか。最近こういう話を良く耳にしますが、本当に胸が痛みます・・・。ですが、今後は弊社が責任を持って対応させていただきますと申し上げ、本日は現場を後にしました。
by makotosekizai | 2011-04-18 21:18



石屋2代目の精進日記
by 松戸の石屋さん